住まい達人倶楽部

信頼できる塗装業者の見つけ方

石田さん
信頼できる塗装業者の見つけ方「どの塗装業者にお願いしても同じでは?」と思われている方へ

 まずお伝えしたいのは、納得のいく塗装ができるかどうかは、業者選びにかかっていると言っても過言ではないということです。

 その理由は、”塗装”という商品について考えていただければ、すぐにわかります。

 塗装は、完成したものを見比べて購入するといった類の商品ではありません。購入を決める契約時には、塗装工事の良し悪しはわからない状態で、”きっと、この業者なら素晴らしい塗装をしてくれるだろう”という期待のもとに決断をくだすことになります。そのため消費者は、より納得いく塗装をしてくれる可能性の高い業者を選ぶ必要があるのです。

 こういったことをお伝えすると「どの塗装業者にお願いしても、さほど違いはないのではないか」と思われる方もいらしゃるのですが、それは違います。

塗装工事は、業者によって大いに差の生まれてしまう工事なのです。

 驚くべきことに、塗装工事は専門性の高い知識や技術力が必要であるにもかかわらず、塗装事業をはじめるにあたり特別な資格を求められることがないため、言ってしまえば、誰でも塗装業者になれてしまうのです。そのため、知識や技術力は業者によってまちまちとなり、もちろんなかには知識や技術力の不足した業者も存在することになります。

 そして、仮に知識や技術力が不十分な業者に工事を依頼してしまうと、業者には悪気はなくとも、不満の残る結果となってしまうこともあるのです。さらに、残念ながら心ない業者も存在するということも知っておきたい事実でしょう。消費者にわからないように劣悪な工事をして、消費者が気づいたときには連絡がとれなくなっていたというトラブルも跡を絶ちません。

 業者によって差が生まれてしまう以上、消費者はより高い知識と技術力を持った業者を選ぶ必要があるのです。

 では、そのような信頼できる業者を見つけるためにはどうすればいいのでしょうか。次の項目で具体的にご紹介してまいります。

イラスト画像

信頼できる一社を見抜くために押さえておくべき見極めポイント

 信頼できる一社を選り抜くために押さえておくべきポイントをご紹介してまいります。どれか1つでも満たしていないポイントがあれば、その塗装業者への依頼は考え直した方がよいかもしれません。

 サンリツホームでは、これらのポイントを押さえ塗装工事を実施しています。会社選びで迷ったさいは是非一度お問い合わせください。

①屋根の上にあがって劣化状況を診ている
実際にどのような劣化が発生しているか、劣化の症状はどの程度かを確認する方法は目視しかありません。そのため、実際に屋根にあがらずに下した診断は非常に疑わしいと言えます。

②屋根裏もきちんと診ている
雨漏りの発生有無を正しく診断するには、屋根裏まできちんと診る必要があります。というのも、ほとんどの雨漏りは屋根裏の漏水跡(水のシミ)から発覚するからです。屋根裏を診断しないような業者はそもそも雨漏りに関する知識がないこともあるため注意が必要です。

③診断に最低限1時間以上を要している
診断では、住まいを隅々まで細かく診ていきます。外壁を一周し、屋根上にのぼり屋根裏まで診ると考えると、どんなに急いでも最低1時間以上はかかるはずです。そのため、30分程度で完了してしまうような診断の場合には、精度の低い診断である可能性が高いでしょう。

④専門資格をもったプロが診断
診断をする担当者が専門知識をもった有資格者かどうかというのも、業者を見極める一つの判断材料になります。

20年以上地域密着名古屋市・豊明市を中心とした住宅リフォーム会社

「住まいの笑顔ニュース」2017年2月号を発行しました!

株式会社サンリツホーム(プロタイムズ豊明店)のニュースレター「住まいの笑顔ニュース」の2017年2月号を、2017年1月31日に発行しました。今号では以下のような記事を掲載しています。

●信頼できる塗装業者の見つけ方
●リフォームでの「ポイント」や「喜びの声」のご紹介(O様・名古屋市千種区)
賃貸マンションのリフォーム
●プロから見たリフォームのポイント
新しい入居者に喜んでいただけるリフォーム
●どうして家を塗るのに最初に『診断』が必要なの?
お住まいの診断は塗装品質を左右する重要な工程です。大切なお住まいだからこそ、病院のドクターと同じく専門の知識や技術を持ったスペシャリストの目で診断することが大切です。サンリツホームの外装劣化調査診断では、試験に合格した「外装劣化診断士」が診断し、プロのめから診たお住まいの状態や適切な改修方法をお伝えします。

私どもサンリツホームでは、弊社をご利用いただいたお客さまに、住まいのリフォーム情報誌「住まいの笑顔ニュース」(毎月発行)をご案内させていただいております。

住まいの笑顔ニュース2017年2月号

サンリツホーム(プロタイムズ豊明店)は、お客様が安心して発注できる住宅リフォーム・外壁リフォームの専門店として、ご家族の皆さまが、永く快適に暮らせる住まいづくりをサポートしていきます。ご相談だけでも、お気軽にご連絡ください。

20年以上地域密着名古屋市・豊明市を中心とした住宅リフォーム会社

謹んで新春のごあいさつを申し上げます。

h1%e7%94%bb%e5%83%8f-01
石田さん
2017年は、家の見直しにぴったりの年?本質
+タイムリミットを見極めて!
 あけましておめでとうございます。

 新年早々ですが今回は、増税に関するお話を…。当初、2017年に予定されていた消費税アップですが、昨年、政府の方針で2019年10月1日まで持ち越されることが決まりましたね。

 消費する側にとっては嬉しい延期ですが、今後、家の購入やリフォームを予定されている方はぜひこの猶予期間を有効に使い、どんな方法が一番良いか考えてみることをおすすめします。

注文住宅の新築やリフォーム
お得の前に、まずは”本質”を見直し
  さて、家の新築やリフォームで大切なことに「なぜ新築またはリフォームするのか?」の本質を見失わないというポイントがあります。“いつかはと思っていたから、消費税の増税前に…”と駆け込み消費してしまうと、大切なことを見落としてしまうことにもなりかねません。

 見映えや住みやすさに加え、将来の資産価値などはしっかり見直しておきましょう。そのときのポイントは、以下のような点です。

利便性はどうか?
家族みんなが納得できる家かどうか?
20年後、30年後まで見据えた面積や間取りかどうか?
 (広すぎないか、仕切り過ぎていないか) 
売却するとなった場合でも、“売れる”物件なのかどうか?

イラスト画像

建てる・直すと決めたら
お得にはタイムリミットがある!
 本質を見直した上で、やはり“建てたい、直したい”となれば、次はタイミングの問題です。家の新築(注文住宅)やリフォームには消費税がかかりますが、その税率は基本的に引き渡し日のものとなります。

 ということは、2019年9月末日までに工事が終了し、引き渡してもらえれば8%の税率のままでOKということになります。

 しかし増税の特別措置として、2019年3月31日以前に業者と請負契約を済ませておけば、引き渡しが増税後であっても8%の税額を支払えば良いという経過措置もあるので、工事に時間がかかりそうであればチェックが必要ですね。

 また金利のことを考えた場合でも、今は“金利が底”のお得な時期。金利に変動はつきものですからいつかは上がると考えると、フラット35などの固定金利のものでローンを組むのも得策かと思います。借りるのであれば、今はお得な時期ですね。

贈与が予定されていれば、こちらも比較を!
 しかし増税の後、すべてが損になるのかというとそうでもありません。

 住宅資金の援助を受けるための「贈与税」の非課税枠は最大1,200万円が3,000万円に増額予定です。(※1)

 また、住宅を購入した人に給付される「すまい給付金」(収入額に条件あり)なども増額予定です。(※2)どちらにしても、増税までしばら
く猶予のある今こそ、プランの練りどきといえそうです。

家に関する質問は何でもOK!
ぜひご相談ください!
 しかしこうして並べると、“結局、どうすればいいの?”そう感じる方も多いと思います。そんなときは、ぜひサンリツホームにご相談ください。どうすれば一番暮らしやすく、お得な家になるのか皆様と一緒に
考えます。

 弊社では、今年も皆様の家づくりやリフォーム、ライフスタイルを家族の皆様同様の気持ちでご提案させていただく所存です。どんな小さな疑問、質問、見積でも構いません。どうぞお気軽にお声がけください。そして、本年もよろしくお願いいたします。

※1 良質な省エネルギーなどの基準を満たした住宅の場合。
※2 給付を受けるためには一定の条件を満たす必要などがあります。詳しくはご相談ください。

20年以上地域密着名古屋市・豊明市を中心とした住宅リフォーム会社

最近のブログ記事

カテゴリ

最近のコメント

月別アーカイブ

お電話・メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。|0120-041-075|受付時間00:00~00:00