施工事例

豊明市前後町 T様邸

施工前

before_01

 今回のT様邸は、屋根の重ね葺き、軒天井の貼り替え、雨樋の取り替え、外壁塗装、コンクリートの欠損部の補修工事等をさせて頂きました。

 既設の屋根はカラーベストでしたが、築30年近く経過していることもあり、割れている部分や苔、カビ等の繁殖が多く見受けられました。

 そこで、この状態からの塗装はあまりおすすめできないことをご説明し、既存屋根を撤去しない「カバー工法」をご提案させて頂きました。新しく葺き上げる屋根材の表面は、ガルバリウム鋼鈑に遮熱性の高いフッ素樹脂塗装を施したもの。これで遮熱性と耐久性が上がるだけでなく、芯材に断熱材を充てんしてあるため、軽量でも遮熱・遮音・断熱性に優れた屋根材となっているので、リフォームには最適です。

 軒天井は、ずれ落ちた部分から鳥が侵入して巣作りをした形跡がありましたし、湿気による傷みもひどかったので、ケイカル板を全て貼り替えてから、水性反応硬化型塗料で仕上げました。

 外壁はひび割れ等の大きな傷みはそれほど多くはなかったのですが、屋根に併せて耐久年数が長いアステックペイント社製の「ジーニスコートEX300」をご採用頂きました。

 この塗料は紫外線に対して、約15年から20年という高い耐久性があり、遮熱性や防水性・低汚染性など、さまざまな性能を有する塗料のため、長期にわたり建物を美しく保持します。

 これから暑い夏を迎えますが、リフォーム後の快適さを実感していただきたいと思います。

施工後

after_01

お電話・メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。|0120-041-075|受付時間00:00~00:00